« 国営武蔵丘陵森林公園内を花散歩 | トップページ | 第18回ウォーキングフェスタ初日 »

2013年5月 1日 (水)

龍崖山公園と龍崖山

飯能上畑への配達の帰り、美杉台のクリーンセンター

方面への新しい道に曲がり、出来たての公園へ寄った。

Cimg9008

Cimg9007_2

山の斜面の公園で駐車場は一番上にあり下へと降りる。

石と草の滑り台は子供に受けそうだなあ。

Cimg9011

Cimg9012

一番下まで降りると龍崖山登山口があった。1200mと

書いてあるのでヒョイと行けると思い行ってみる。

Cimg9013

Cimg9015Cimg9014

4,5分で尾根に出て、4,5分で頂上に着いた。

どうもまだ先の様だ。いったん谷まで下り又登る。

Cimg9016Cimg9018

頂上に着いたがまだ違う。もう一度谷まで下り又登る。

標識はやたらと親切なり。道も歩きやすい。

Cimg9019Cimg9020

Cimg9021

Cimg9022Cimg9023

あとちょっとらしい。ヒョイとは行けず汗ばんできた。

Cimg9024Cimg9025

到着。山頂は視界が開けていて飯能の街並みが一望。

231mの山でも気分良い。娘さん?が遠くを見ている。

Cimg9026

Cimg9027Cimg9029

私も遠くを見渡しました。だれもいません。

Cimg9028

Cimg9029_2Cimg9030

帰り道、中ほどで年配のご夫婦がやってきた。

山歩きを楽しんでいるベテランとお見受けした。

入口近くになって同年代のご夫婦が登ってきた。

登山靴、ニッカボッカ、チェックの綿シャツ、帽子、リュック。

中高年の山歩き初心者に間違いない完璧な登山支度。

運動靴にワイシャツ姿で山を駆け下ってきてしまって、

何だか申し訳ない気がした。往復45分なり。

Cimg9009

Cimg9010

この道と赤根峠と組み合わせるとハイキングコースになりそう。

あるいはあさひ山と見晴らし台公園を組み合わせ、最後に

ハーブ園でソウトクリームというコースも良いかも。

« 国営武蔵丘陵森林公園内を花散歩 | トップページ | 第18回ウォーキングフェスタ初日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
 龍崖山で検索したらこちらのブログにつながりました。
 
 2013年、公園造成中に納品させていただいた登山道入り口の龍の門柱2本、依頼されて材をいただき無事納品したとき この山頂に可愛い旅娘を置いてみたい と感じて許可をお願いし、担当の方に背負っていただいて設置したことをおぼえています。
 
 この山の公園、地元の有志の皆さんが鋭意力を合わせて道をつくり鬱蒼とした木を開いて展望を作り上げたものと聞きました。
 
 たった3年前のことですが、どうしたら見て楽しい龍が彫れるか、私なりに随分と格闘した記憶があります。
 記録を残していただき、有難うございました。

3年前のブログを久しぶりに見てしまいました。
公園ができたばかりの頃で、どんな山かと思い登ってみました。
入り口の2体の龍の彫り物は立派で100年も経てば文化財になるかも!
何年かに1度はメンテしたほうがいいですね。
朽ち果ててしまっては惜しい2体の龍です。
登山道は整備され標識も解りやすい。地元の人に感謝です。
山頂の娘さんも掘ったのですね。
今度上る機会があり、そこに誰かがいたら、龍と娘の彫刻は
屋次郎さんという人の作品ですよ鼻高に教えてあげます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222604/51450848

この記事へのトラックバック一覧です: 龍崖山公園と龍崖山:

« 国営武蔵丘陵森林公園内を花散歩 | トップページ | 第18回ウォーキングフェスタ初日 »