« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

巾着田へ下見に走る

9月1日に巾着田彼岸花の開花予想を書いているので、

ちょっと下見に走って来た。自慢じゃないけど、昨年一昨年と

巾着田発表の開花日とピタリ賞でした。これ自慢だなあ?

どうやら間違いなく開花は8月の気温と降水量と相関関係

にあるようです。さて1時間5分走ってあいあい橋に到着。

巾着田に入る。蓮は終わり萩の季節。コスモスはまだだ。

Cimg3247

Cimg3253Cimg3254_2

Cimg3248Cimg3252

彼岸花はまだ花茎さえ出ていない。ドレミファ橋にどういう分け

か咲いている。実はキツネノカミソリを見に来たのだけど、咲き

終わっていた。残念!ほんの少しだけ咲遅れが咲いていた。

Cimg3258Cimg3259

Cimg3261Cimg3263

Cimg3267Cimg3265

アマリリスに似た花が咲き始めていた。作業をしていた人に

名を尋ねると「変わった名前なので忘れた」とそっけない。

管理事務所で聞いたらメモ用紙に「アマクリナム」と書いて

教えてくれた。彼岸花科なんだって。これから咲き始める様

でかなりの株がある。彼岸花と同時に見られるらしい。

Cimg3260

昼までに戻ると家を出て来たので今少し時間があるので、

宿谷の滝に行って見た。シュウカイドウが見頃です。

都幾川村椚平のシュウカイドウは今頃見事だろうな・・・・

Cimg3272

Cimg3269Cimg3273

ずい分と秋めいてきた。今年の彼岸花の開花は例年より

早まって彼岸の中日には見られるかもしれません。まあ、

8月の気温と降水量のデータが出てからのお楽しみです。

オミナエシ・ハナトラノオ・キバナコスモス・&?

Cimg3279Cimg3280

Cimg3281Cimg3283

走行距離52.52km、走行時間2時間43分。

平均速度19.29km/h、最高速度41.74km/h。

 

2014年8月26日 (火)

第12回飛騨神岡ツーデーW2日目

GHは4,5台のみ。明るくなるのが待ち遠しい。4時半、

薄明の頃だが起きだしてお湯を沸かしてコーンスープ。

ついでに焼きそば作って朝飯も終了。最後にコーヒー

飲みながら明け行く空を眺めている。もしかしたらこれは

とてつもなく貴重な時間かもしれない。傍らのアザミの花

に聞いてみた。「贅沢な時間だよなあ?」

Cimg3210

自転車を組み立てる。組み立てたら乗りたくなったが、激坂を

下れば登れなくなると思い、一回りしてすぐ戻る。GHの一人が

声かけてきた。加古川の山さんという方だ。隣の車は石川の

じっちゃん。その隣に元気な埼玉のおばちゃんが載りつけてき

て車を磨き始めた。おばちゃんは運転するのが大好きだって。

昨日は高山に泊まったとか。どうやらここに来る人の多くは

高山見物も兼ねているらしい。知り合いがいないという事は

新しい知り合いができるという事で、それもまた楽しい事に違

無い。今日のコースは「山田川清流コース20km

Cimg3211

8時スタート前からが降り始めた。傘をさしてスタート。

これでは雨男と言われても仕方がないか・・・・!

小雨の中のウォーキングは涼しくて快適。蓮池とスイレン池。

Cimg3212Cimg3213

山田川を堰堤まで上る。長い階段を上るとダム湖。この周りを

ぐるりと回るコースはなかなか快適。対岸は桜の並木だから春

は桜の名所かも? 合歓の花が沢山小雨にけぶっている様は

なんとも愉快。回り終えたら雨はほぼ止んだ。

Cimg3214Cimg3215

Cimg3216Cimg3217

Cimg3218Cimg3219

Cimg3220

上山田公民館でトマトのサービス。会場から見えた山裾を回る。

山田川の淵に河童伝説があった。河童のあいびきの話なり。

河童伝説はいろいろあって面白い。

Cimg3222Cimg3223

Cimg3224Cimg3225

Cimg3226Cimg3227

飛騨牛は有名だが飛騨地鶏も有名らしい。寺林公民館が

チェックポイントで540mまで下った。あとは200m登るだけ。

日が射す様になり、傘を杖代わりに使っていたら柄が折れた。

折れた傘はただただ邪魔なだけだと知る。

Cimg3229Cimg3230

Cimg3232Cimg3233

立ち話をしていた町人3人を発見。一か八か聞いてみる。

「もし出来ましたらで良いのですがこの傘を危険物の日に捨てて

もらえないでしょうか?」3人は二つ返事で了承してくれた。

良かった。その代り「何処から歩いてきたのか?何処まで歩くの

か?何処から来たのか?どの道で来たのか?」いやはや質問

攻め。傘を始末してくれるのでちゃんと答えた。石川のじっちゃん

が通りかかってこれ幸いと逃げたけど感謝してます。

Cimg3234Cimg3239

Cimg3240Cimg3241

名前の解らない実を発見。後ろを歩いていた女性に聞いても

解らない。この赤い実はいったいなんだろう?

Cimg3236

坂道を登り終えて11時20分ゴール。やはり山道の20kmを

3時間20分で歩けるわけがない。今日も距離サービスの様だ。

歩き終わってみると神岡ウォークは見る所は無いけど、自然を

満喫できる良いコースだと思う。観光地も良いけど自然しか無

いというのもまた良い。自然はかけがえのない観光資源だね

Cimg3242Cimg3243

11時35分には会場を後にする。この時間なら渋滞に会わずに

帰れると思い来た道をひた走りに走る。上信越道までは順調

だったが関越道に入って渋滞した。まだ15時45分だというのに。

小川ICまで辛抱して裏道走って17時15分に帰宅。

アブラゼミとミンミンゼミの大合唱。埼玉は暑い!

車往復距離677km、ウォーキング40km、自転車0.5km。

神岡アメダスの気温と合歓の花の写真を追加します。

2014823

Cimg3221

 

2014年8月25日 (月)

第12回飛騨神岡ツーデーW初日

3日続いた猛暑日から逃げようと飛騨神岡へ向け金曜日

13時20分に出発する。長野県に入ると空が広い、そして

青い。雲が良く見える。建物の間から仰ぐ空とは全く違う。

Cimg3148

豊科から安曇野に名前が変わったICを降り安曇野を走り

梓川を上る。安房トンネルは770円と値上がりしていた。

無料だった時があった、高速道路1000円均一という時も

あった。それはいったいなんだったのか?今は深夜割引も

土日割引も30%引きと値上がりしている。道路行政は訳

が分からん!18時10分「ひらゆの湯」に到着。 さっそく

入浴。少し白濁した湯はつるつるしている。露天風呂が16

もある。ワンコインで満喫できるここの湯はお気に入りです。

Cimg3149Cimg3154

Cimg3153

Cimg3151Cimg3152

奥飛騨の温泉街を下り今宵の宿「道の駅上宝」に19時30分

到着。 標高765mあるのに気温22℃と高い。寝つかれなかっ

たが夜中に雨が降り少し涼しくなった。早朝は19℃まで下がり

快適。なんとなく寝不足の状態で会場の流葉に向け5時に発つ。

道の駅上宝と朝もやの中の高原川の流れ。

Cimg3156Cimg3158

神岡で神岡アメダスを見ておくことにした。 アメダスの場所は地元

の人に聞いてもまず知らない。大概は探すのに苦労するのだが、

ここはすぐに見つかった。砂防事務所の敷地内だろうか。周りには

小学校と町民プールと警察署。ここの温湿度計や雨量計は高めに

設置してある。こういうのを見ると嬉しくなってしまうのは異常かな?

Cimg3159

Cimg3161Cimg3160

会場の流葉スキー場の駐車場には数台の車。今回知り合い

は花巻Wか函館Wなのでだれもいないと思っていたが、ひょ

っこ愛知のハルママが来た。隣に駐車した車は新潟の高橋

ご夫妻。埼玉の自称最強のウォーカーも来ていた。受付を済

ませ、ゲートに無造作にスタート印が置いてあるので2日分

押してしまう。これでいつでもスタートできる。数年ウォーキング

をしていると悪い事はすぐに覚えてしまう。良い先輩の指導の

賜物である。今日のコースは「数河高原清涼コース20km

Cimg3163

ここは2年ぶり3回目だが来るたびに参加者が減っていく。

コースは縮小され20kmが最長距離で、厳しいスキー場山頂

への山登りも、神岡の町への下りも無くなった。坂が多くキツイ

という苦情が多々あった為だと関係者の言い訳。飛騨には山

しかないのだからしょうがないよね。スタート印はあるけど皆と

一緒に8時にスタートする。相変わらずハルママが飛び出し、

すぐに見えなくなった。流葉740mから林道を歩いて896mの

数河へ。780mまで下り再び896mまで上り、698mまで下る。

Cimg3165Cimg3166

Cimg3167Cimg3168

Cimg3171Cimg3175

Cimg3176Cimg3177

Cimg3179Cimg3180

チェックポイントではトマトのサービス。数河の別荘地には

あちらこちらに土砂災害警戒水路(正確ではない)の立札が。

広島でとんでもない土砂災害があったばかりなので、ここ

大丈夫なのかと心配になる。日本にはいたるところ危険な

場所に住んでる人、ほんと多いのだよ。社会構造が歪んで

いるせいだ。行政機関や会社や工場のあり方を根本から考

え直さないと解決しない。都市に人が集中しすぎるのが問題

なんだ。そういう意味では東京が最も危険という気もする。

Cimg3186

Cimg3188Cimg3189

Cimg3183Cimg3192

Cimg3193Cimg3196

ススキの穂には小さな花が咲き始めていた。萩・女郎花・

葛・桔梗の秋の七草は咲いているが撫子・藤袴は見つから

なかった。大国寺、倉野神社と回って会場へ向かう。

Cimg3194Cimg3195

Cimg3200Cimg3201

Cimg3199Cimg3202

Cimg3203

ゴールして時計を見たら11時15分。「え!山道の20kmを私

には3時間15分で歩けるわけがない」山だから距離サービス

かな?流葉温泉Mプラザで汗を流す。駐車場から車がどんどん

消えていく。さてどうしよう?自転車積んできたけど激坂ばかりで

漕ぐ気になれない。そこで飛騨古川へ行くことにした。県道75号

で峠を一つ越えて古川へ。街中を少し走ったら古い街並みもあり

面白そうなので「道の駅飛騨古川」へ行く。ここから自転車漕ごう

と思ったけど満車で駐車できない。それに気温が高い。おまけに

自転車は分解して積んできたので組み立てなければならない。

こんな時の決断はまことに早い。「止めた!帰ろう!」てなわけで

会場へ戻る。途中に怖そな名の橋がある。祠が何だか怖い。

Cimg3205Cimg3206

14時、枝豆をつまみに缶ビールを飲み始める。淋しいたった一人

のアフターウォーク。ミンミンゼミが弱弱しく2度だけ鳴いた。その後

蝉の鳴き声は聞こえない。静かなのはセミの鳴き声が聞こえないか

らだと気が付いた。今頃我が家ではセミの大合唱のはずだ。標高

740mにはセミはほとんどいないのだと知る。退屈にて花巻Wの

能登屋殿に電話してみる。「歩き終えて誰もいない。ひま~~」

「こっちはまだ歩いているぞ、あと5km。41kmコースなんかに来る

んじゃなかった」とぼやいていた。金やんにも電話する。「ゴールして

るよ。20kmだから。花火は河川敷が浸水して中止になった」

花巻Wは花火見物をウォーカーの為に桟敷席が用意されている、

と聞いている。残念に違いない。だから今回は神岡Wに来れば良か

ったのだ。内心「ざまーみろ」と思ったが、こっちはもっとみじめかも。

Cimg3207Cimg3208

高原のさわやかな(本当は蒸し暑苦しい)風を感じながら飲み続ける。

食堂で元気づけに豚カツ定食食べて19時就寝。寝るっきゃない!

2日目の模様はまたあした・・・・・

2014年8月19日 (火)

バタフライフラワーと言うらしい

2年前に見切り処分品で買ってきたポットの花がある。

今年50cmほどになり花が咲いた。花が咲いてやっと名前が

判明した。どうやらバタフライフラワーと言うらしい。

Cimg3080

蝶のような花がポコポコ咲きました。ネットには常緑低木と書いて

あるのでまだ大きくなるようだ。ブルーエルフィンとも言うらしい。

オセアニア原産で日本では珍しいみたいです。見切り品を買った

かみさんは偉い!青いチョウチョが飛び交っているような花です。

Cimg3082Cimg3083

Cimg3145Cimg3146

今日は施食会で卒塔婆をもらいに行ってきた。午後の暑い時間。

4,5百m歩いただけなのにTシャツがびっしょり。

熊谷は7日以来12日ぶりの猛暑日です。35.6℃(15時25分)

もちろん川越も同様です。でも暑いのはそろそろ終わりですね。

今朝我が家ではツクツクボウシの初鳴日です。天気図も秋の様

な気圧配置。盆事も終わり夏も終わりかけている。ちょっと淋しい。

Cimg3144

 

2014年8月18日 (月)

気象科学館は大盛況

今日のブログは個人的なメモです。

つまらないから読まなくていいよ。

昨日は気象科学館案内員のボランティア。開館直後から中学生や

小学生高学年が来館。通常は小学生低学年が多いけど、さすが

夏休み。3人体制で対応。夜勤明けの気象庁職員も昼まで手伝って

くれて大助かりです。結果的に来館者は112人との事。自由研究

のテーマは皆さんかなりハイレベルです。中学生5人組のテーマは

最高気温、最低気温が出るその原因」最高気温はヒートアイランド

や温暖化、太平洋とチベット高気圧の発達、陸海風それにフェーン

現象。最低気温はシベリアの高気圧の発達や偏西風の蛇行。こんな

相当難しい話にこの子たちはよくついてきたとただただ感心した。

航空気象を調べる」この子は将来飛行場の管制官になりたいと言っ

ていた。黙々と本から知識を写し取っている。こういう子は一人で成し

遂げてしまうのだろう。すごい!

夏休み中ずっと雲を観察してきたという子は雲の性質を調べている。

天気図と組み合わせてみれば・・とアドバイスすると「日々の雲から

先の天気を予想する」というテーマになったようだ。素晴らしい自由

研究になりそうだ。漠然と「地球温暖化」という子が必ずいる。プロでも

解らない難問題に余計なアドバイスをして混乱させてしまったかもしれ

ない。申し訳ないと思うけどテーマを絞らないと無理じゃないかなあ!

身近な問題から温暖化に迫った方が良いと思うよ?

竜巻の発生する原因」竜巻をテーマにする子は多くなった。竜巻が

身近な気象現象になってきたからだろう。この夏に竜巻に関してのみの

講義を2日間聞いたけど予報士だって難解だよ。でも頑張ってほしい。

物理が好きと言った中学生のテーマは「物理の法則と気象の関係」。

これは凄い子が来たと思ったけど基本的なニュートン力学の3法則すら

知らなかった。水の3様態も知らない。おいおい!どうすりゃいいのさ?

昔のように毎日の気温とかを調べる子は一人もいない。ともかくレベル

が高いのでついついむきになって難しい言葉を使ってしまう。でも相手は

小学生高学年と中学生だよ。帰りの電車で大いに反省しました。

局地的な豪雨が目立ってます。この日は京都府や岐阜県で豪雨だった

様です。そんな極端現象が多くなったせいか「大雨の時子供にどんな

注意をしてどう行動させたらいいのか?」という親からの質問。基本的

には気象現象を知る事、その現象が起きる前の前兆現象を把握する事

だけど、ここに来る子はそこそこ知識はあるのでこんな風に言います。

真っ先に逃げる事。誰かが逃げると他の人も逃げる。何人かが逃げ

ると皆が逃げる。これ日本人の典型的な行動パターン。結果的に最初

に逃げた人がみんなの命を守ることになる。」かなり乱暴な言い方だけ

ど間違ってはいないよね。さて私も何か自由研究でもしましょうか?

その前に気になるので福知山と高山の雨量を調べてみる。

2014817

これじゃ水浸しになったり土砂災害が起きるの当然だね。

台風11号による地元川越の雨量」こんなテーマで調べるよ。

川越では10時台に44mmの降水。我が家の円筒形の筒を置いただけ

の雨量計は累計雨量90mm。我が家から2km離れた国交省の雨量計

は83mm。15km離れたさいたまアメダスは61mm。

実はその2日前の雨は我が家では40mmあったのに2km先は9mm、

15km先は0mm。雨量は2km離れるだけでこんなに違う。気象庁は

全国に1300の雨量計を設置しているし、国交省や各地方自治体の雨

量計を合わせると全国には1万以上あるのだけど、でも漏れてしまって

いる地区の方が圧倒的に多い。これは知っていた方が良いと思います。

2014813

台風11号の進行方向右側にはいくつかのレインバンドがあり、その一つ

が練馬・川越・北本・鴻巣と線上に連なっていて10時台に40~45mm

の雨を降らせた。その幅は数kmですね。このレインバンドは先に移動して

栃木市で11時台に平柳から鹿沼上石川で竜巻を発生させた。竜巻の幅

は600mで距離は15kmだそうです。台風はこういう風にレインバンドが

大雨や突風を発生させると知っておいた方が良いでしょう。気象庁は今月

から高解像度降水ナウキャストを公開しています。ネットで見られるので

是非利用してください。まあこんなもんで良いかな?これにグラフや図を

差し込んで、さらにレインバンドや降水ナウキャストの説明を書けばとりあ

えず自由研究らしくなるよ。特に理由があるわけではないけど何となく気象

現象を理解するにはまず観測だろうと思う。雨・風・気温・雲・の観測は面倒

だよね。難しいテーマを選ぶのは勇気があって良いと思うけど、なんとなく

良いのかなあ?と思ってしまう。そういう意味では昨日来た子の中では雲

の観察を続けていた子に金賞をあげたい気分です。台風11号通過後に

地元では初めてクマゼミの鳴き声を聞いた。これも生物気象観測と言います。

シャガシャガ・・と聞きなれない鳴き声に気候は変わってきているのかな?

と思わざるを得なかった。

これは来年の案内するときの為のメモです。

読んでしまった人、つまらなかったでしょ!

だから読まなくていいよって書いたんだよ。

今週末は行けたら神岡ウォークへ行きます。

行けなかったら自転車こぎまくります。

その時のブログは是非見てください。

2014年8月16日 (土)

ただ走って来た

目的地無し。ただただ走り回ってきた。

こんな所を・・・。稲穂の良い香りがした。

Cimg3139Cimg3143

Cimg3140

走行距離66.55km、走行時間3時間28分。

平均速度19.14km/h、最高速度34.72km/h。

汗をかくのは気持ちが良い。

盆中3日間のアルコールも抜けてようやく快調!

 

2014年8月15日 (金)

頑張っている花

駐車場の片隅でトレニアが咲いていた。頑張ったね!

Cimg3137_2

毎日3時を知らせてくれる3時草。頑張ってるね!

Cimg3127_2Cimg3138

日陰を作ってくれるゴーヤ。おまけに食料!

Cimg3129

仏壇掃除の後、出かけたり出迎えたり・・・

庭の草むしり・・何やってんだか解らない内に盆送り。

植物は頑張っても何しないで終わった盆。

さて明日はどうしよう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!

Cimg3136

2014年8月 7日 (木)

夏休み子ども見学デーの手伝い

昨日は気象庁へ子供見学デーの手伝いに行ってきた。

気象庁から気象予報士会サニーエンジェルスに出展要請。

サニーエンジェルスは夏休み中、各地で引っ張りだこの

忙しさ。「スタッフが足らないよ!」の呼びかけに会社を

休んじゃいました。サニーエンジェルスは女性気象予報士

の集まりなんだけど、そんなわけで集まったのは女性2人

とおっさん4人。これじゃサニーおっさんズだなあ・・・・・・

サニーおっさんズのブースです。

Cimg3116

Cimg3121

Cimg3123

途切れることなく子供たちが集まり忙しかったよ。雲や気圧や

竜巻や雷の事、ともかく不思議だなあ?面白いなあ?と思って

くれれば良いんだ。気象は身近な問題だからお母さんたちも

興味深々だった。このボランティアは楽しくてやめられない。

消防庁からも地震体験装置と起震車が応援。面白そうなので

体験したかったけど子供たちの列が止まない。

Cimg3124

今日まで夏休み子どもデーは各省庁でやってるよ。

Cimg3126

2014年8月 5日 (火)

気象庁の現場を見学させてもらった

土日は気象庁講堂で気象学会主催の夏季大学にて

竜巻」だけに関しての講座を8時間も聞いてきた。

中でも気象から離れた風工学からの田村先生の講義

は被害低減などの示唆など大変参考になりました。

Cimg3112

内容はかなり専門的なので割愛です。そもそも私が十分に

理解できていない・・・いやあ~!頭痛い。

講義が終わってから気象庁の現場を見学させてもらった。

ところがデジカメの電池切れ!またやってしまった。

旧式の携帯電話で数枚撮りましたが画像が悪いし、掲載には

問題もあるので2枚だけ・・・拡大はできません。

Cimg3114Cimg3113_2

左はドップラーレーダーとドップラーライダーの部屋で画像に

写っているのは成田や羽田飛行場のドップラーライダー。

ダウンバースト・ガスフロント・竜巻などの突風を検索してます。

右は予報部の中枢で写っているのは5人いる統括の内の2人。

この日は台風12号により四国が記録的な大雨になっていて

何となくピリピリした感じが伝わってきました。火山部も口永良部

島で噴火が発生。やはり緊張感が伝わってくる。

中国雲南省では大きな地震があったようです。

ほんと・大変ですね。何しろ国民の生命財産を気象災害から

守る仕事ですから。敬意を払います。

高知県では72時間降水量が3地点で1000mmを越えました。

この後台風11号も接近してくる予想です。土砂災害が心配です。

201484_2

201484

帰宅して赤ちょうちんののれんを潜る。隣り合わせた人は

徳島に実家がある人だった。電話した方が良いよと言うと

さっそく電話していた。徳島市内はそれほど深刻にはなって

いないので、とりあえず安心してました。気象災害は情報と

知識と準備と早い行動があれば100%防げると思ってます。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »