« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

ロウバイが咲き始めた

埼玉は穏やかな大晦日です。気温は11℃台。墓掃除に

街を歩いたら日本語では無い言葉が飛び交っている。

嘗てこんなことは無かった。観光地化しちゃったなあ。

我が家ではロウバイが咲き始めました。

Cimg4771

Cimg4773Cimg4784

ハート形の葉を発見。ロウバイの実を2つ発見。

一つをむいてみたら種が3つ入っていたので植えてみた。

芽が出るのだろうか?

Cimg4778Cimg4776

一夜飾りは良くないと言われているので正月飾りは昨日済ま

せた。千両を頂いたのでこんな感じ・・・我が家のは万両です。

Cimg4781Cimg4779

Cimg4780Cimg4785

神社のパンフレットは先週4か所の観光案内所などにおいて

いただきました。何とか間に合いホットしてます。

Cimg4731Cimg4734

今夜は年越しの3時まで神社で奉仕です。いつも9時10時

には寝てしまうので深夜は辛いですよ。まあ受験生のために

頑張りましょう。三芳野神社に参拝して絵馬を奉納すれば

希望校合格間違いなしですよ。初詣お待ちしてます・・・・

2014年12月27日 (土)

白鳥・安楽寺・馬形埴輪

仕事納め、と言っても大した仕事が無く、ふらついてきた。

まずは八幡団地裏の越辺川へ行く。白鳥が3羽しかいない。

あれれ・・・!川縁の三井精機工業さんの報告では129羽

を確認と書いてある。昼時だったのでみんな田んぼかなんか

にお出かけの様だ。早朝か夕方でないと集まっていないね。

Cimg4736Cimg4737

川島から東松山の岩殿山安楽寺に寄る。吉見観音と言った

方が解りやすいかな。見事な三重塔に大きなスズメバチの巣

があるぞ。気になる・・! 山門の餓鬼の上にはアシナガバチ

の巣がある。これも気になる・・!

Cimg4743Cimg4744

Cimg4740Cimg4749

境内では職人さんが立木の選定をしていた。参拝してから

納経所へ行く。坂東札所3か所目です。100観音まであと

63観音。いやはや先の長い話です。

Cimg4742Cimg4746

Cimg4747Cimg4748

参道には厄除けだんご屋さんが一軒ある。吉見観音は厄除け

観音と呼ばれている。マンホールのふた絵は埴輪だったので

古代ハスの里まで走った。稲わらで作った埴輪があるらしい。

Cimg4751Cimg4750

どでかいのがありました。巨大な「旗を立てた馬形埴輪

これは国の重要文化財の埴輪がモデルですね。田んぼアート

の稲わらを使用して武蔵野美大の生徒が中心になって作った

との事です。高さ7m。隣にはやはり巨大なマンモス。

Cimg4756Cimg4754

Cimg4753Cimg4757

良くできてます。作るの大変だったろうなあ・・

2月28日まで展示しているそうです。

年も押し詰まりました。後はかたづけと神社奉仕です。

三が日は寒波襲来の様で暖かい予想が一転、寒い予想に

変わりました。インフルエンザも流行っているようです。

風邪などひかぬ様、暖かい服装でお過ごしください。

Cimg4758Cimg4761

2014年12月24日 (水)

第22回汽笛一声ウォーク

明治5年に汐留・桜木町間に開通した鉄道の跡を歩いて

きたよ。4年ぶり2度目の参加です。6時10分に家を出て

7時45分に会場の日比谷公園噴水広場に到着。すでに

大勢のウォーカーが集まっていた。どこに誰がいるのか

さっぱり解らない。

Cimg4691Cimg4692

パンフを見ると北海道から沖縄まで参加者がいる。交通費

宿泊費をかけ、さらに参加費まで払って歩くというのだから

ウォーカーという人種は不可思議な人種なり。そんな人種

の一人になってバラ園をフラリフラフラ。

Cimg4694Cimg4695

スタートは8時40分。秋田のOさんと栃木のAさんを発見。

「お先に失礼!」ベテランウォーカーを抜くなんて失礼極まり

ないが、先にいる茨城のKさんに追いつくように歩く。

Cimg4697Cimg4698

新橋を過ぎレインボウブリッチの見える辺りだったろうか?

Kさんに追いついた。東京モノレール下を進み京浜運河に出

る手前で埼玉のIさんが追いついてきた。以後3人でゴールを

目指す。

Cimg4702Cimg4703

Cimg4705Cimg4706

六郷橋で多摩川を渡れば神奈川県。20kmポイントの川崎

でチェックを受ける。すでに12時を過ぎていて「腹へった!」

リュックには朝着てきたダウンジャケットが入っているのみ。

販売機でお汁粉買って飲みちょっぴりエネルギー補給。

Cimg4708Cimg4710

鶴見、神奈川を通過。キリンビール工場を通過し中央卸市場

方面へ左折。横浜港が見えてきた。

Cimg4711Cimg4712

観覧車が見えたのでゴールは近いがなかなかつかない。

観光客が増えてきた。赤レンガ広場まではあと一息。

Cimg4713Cimg4714

Cimg4715Cimg4717

Cimg4719Cimg4720

14時30分ゴール。東京のOさんが出迎えてくれた。34km

5時間50分。4年前は6時間25分もかかっているから一応

ウォーキングの成果は上がっているようだ。土産は文明堂の

オリジナルどら焼きだ。腹ペコに付その場で食べてしまう。

Cimg4722Cimg4727

大桟橋には巨大なASUKAⅡが停泊している。

Cimg4726

15時、皆さんと別れて帰途に着く。桜木町ー横浜ー品川ー

高田馬場から小江戸号で缶ビール飲みながら帰宅。

Cimg4728 Cimg4729

ラストウォークは天気に恵まれ快適でした。今年もいろいろ

お世話になりました。来年もまた宜しくお願いいたします。

では良いお年をお迎えください。

20141223

 

2014年12月22日 (月)

朔旦冬至の実感

今年の冬至は19年に1度回る朔旦冬至というらしい。

昼が一番短く、月は新月。これから昼が長くなり月は満ちていく。

特にめでたい一陽来復の日のようです。

さて、昨日の気象科学館来館者は1家族4人のみだった。

長年やっていてこんな日は初めてだ。ちっともめでたくないぞ!

暇をもてあましていた。きっとクリスマスが木曜なので21日は買

い物、23日がイブイブだね。朔旦冬至はクリスマスには勝てない。

自宅への帰り道、空に月は無し。光の展示が淋しく光ってた。

Cimg4690Cimg4687

Cimg4688Cimg4689

昼が長くなると言っても日の出はまだ遅くなるので朝方人間には

実感が無い。日の出は1月前半が一番遅い。ただし日の入りが

どんどん遅くなるので結果、昼が長くなっていく。どうしてそうなる

のかは地球の自転と地軸の傾きに聞いてみないと解らない。

下のグラフはさいたまの例です。

201412

冬至に南瓜(ナンキン)を食べると運が呼び込めるらしい。カロチン

やビタミンが豊富だから風邪の予防にもなる。昔の人の知恵だ。

人参・蓮根・大根も「ん」が付くぞ。根菜類だから良いのだろう。

どうせならシンブン読みながらアンパンマンの漫画をチラリ見して

ワンタンメン 食べれば「運」が沢山付くなあ。まあこんなコンタンでは

アンポンタンと言われるね。なんだ・・今日のブログは?

トンチンカンでチンプンカンプンだぞ・・・・・・・!

手っ取り早く「運」が付く物ではないね。今年もあと少しだ。

残りの日にちを、とりあえず頑張ることにしよう。

それではまず、柚子湯に浸かろう・・・・・・・・

2014年12月14日 (日)

柚子の里山ポタリング

県内の毛呂山・越生・都幾川の里山は柚子の産地です。

体脂肪率増加に付、寒さにめげずに自転車漕いできた。

毛呂山から桂木観音まで2.5kmの山登り。相変わらず

キツイなあ!我慢我慢!体脂肪率18%にもなったのは

間違いなくビールの飲みすぎ。自業自得なのだ!

Cimg4651Cimg4652

ハルジョオンは一年中咲いていて、強い花だなあ・・感心!

と言いながら早くも休憩。3回休憩してたどり着いたけど

最後の急坂はギブアップだ。そこで下ってきたローディに

「あとちょっとだから頑張れ」なんて言われても頑張る気力

無し。僅かな距離だけど汗かいたのでTシャツ一枚になり

汗を拭く。冷たい空気がこの時だけは心地良かった。

Cimg4653Cimg4654

Cimg4655Cimg4657

黒山三滝方面へ下り、越辺川沿いを下り、自然休養村センター

に寄ると「柚子フェアー」開催中。柚子1個100円以上の値が

ついている。ウヘー!高い!柚子は貰うものと心得ているので

買ったことは無い。先週、坂戸と越生の得意先で40個くらい

貰っているので、ここは見るだけ。

Cimg4659Cimg4658

帰りに山吹の里の前を通ると水車が新しくなっていた。

太田道灌の「七重八重・・・」の山吹の里です。この時期は

山吹ではなく綺麗な山茶花が咲いていた。

Cimg4660

Cimg4661Cimg4665

走行距離59.70km、走行時間3時間10分。

平均速度18.76km/h、最高速度41.74km/h。

さて体脂肪率は1%くらい下がっただろうか・・・・?

2014年12月13日 (土)

ちょっと慈光寺に行ってみた

今日は良い天気になったけどやぶ用にて何処へも行けず。

昨日仕事の途中で慈光寺に行った事でも書きましょう。

都幾川トレッキングの駐車場に社用車止めて2kmの山登り。

参道を上る。イロハモミジがまだ紅葉してた。

Cimg4629Cimg4630

Cimg4631Cimg4632

途中の大板碑は600年も前の物。さらに上って慈光寺に

着いた。山全体がお寺で鎌倉時代の繁栄が伺われる。途中

「坂東札所巡り」と書かれた大型観光バスが降りてきた。

歩けない人ならともかくとして車やバスで上まで行ってしまう

のは、どうかな・・?と札所巡りをすると常に思うよ。

Cimg4633Cimg4635

Cimg4634Cimg4636

山門を潜り境内に入ると右手に多羅葉樹の大木が目に飛び

込む。樹齢は千百余年とか。

Cimg4637Cimg4638

観音堂は左手の石段をさらに上がった場所にある。

車で来たご夫婦らしき参拝者が一組だけいた。

Cimg4639

Cimg4640Cimg4641

お参りしてから本堂に上がると奥に住職が座っている。

納経帳を渡すと、本堂にもお参りするように言われた。

突然釣鐘の音が響く。外で住職が釣鐘を突いている。

丁度12時のお勤めの様だ。本堂で納経帳に記してくれた

のが息子さんで釣鐘をたたいているのがおじいさんです。

二十数年前に来た時住職に話しかけたらやたらと説明して

くれて帰れなくなったことがある。釣鐘を突いているのが

その時の住職だ。まだまだお元気のようです。ただし忙しい

人は決して話しかけないように。話好きの住職ですから・・

Cimg4642Cimg4644

Cimg4649Cimg4645

帰りがけに番匠の得意先に寄ってから帰宅する。この番匠と

いう地名は変わっていると思っていたが慈光寺建立のさい、

全国から巨匠を呼びこの辺りを住居にしていた名残だそうだ。

さらにユネスコ無形遺産になった細川紙の紙漉き技術も慈光寺

の紙の需要にこたえるために発達したらしい。当時の慈光寺は

大変な重きをなすお寺だったようです。

歴史は嫌いだけどちょっぴり物知りになりました。

さて明日は自転車をこげるかなあ・・・?身体がなまってます。

2014年12月 7日 (日)

百名城巡り・№5鉢形城

7日の今日は大雪。暦通り日本海側では大雪、四国まで雪。

大変な事になっているようです。今朝の川越は-3℃と冷え

込んでいる。昨日も冷え込み氷点下の朝でしたが3週間ぶり

に自転車漕いできました。目的地は鉢形城。

Cimg4615

9時にようやく出発。20km/hで自転車漕ぐと5.5m/sの

風が吹く。約2m/sの向かい風が足されて体感温度は気温

より7.5℃低くなる。午前中の体感温度はずっと氷点下。

寒かったです。廃校の小川下里分校の陽だまりで休憩。

山茶花の咲く校庭は静まり返っていました。地元の人が子供

達集めてたき火して焼き芋を焼いたりするんですよ。田舎は

良いなと思う。ここはお気に入りの休憩場所です。

Cimg4603_2 Cimg4604

小川からは林道梨木ノ子線の峠越えで折原へ。鉢形城歴史館

に到着です。入場料は200円。まずはスタンプを押す。鉢形城

ゲットです。個人用写真撮影の許可をもらい見学する。

Cimg4605Cimg4606

Cimg4622Cimg4607

Cimg4609Cimg4610

今日は赤ヘルではなくりんプロジェクトの黒カスクをかぶった。

火野正平さんがかぶっているそれです。いつもと気分が違う。

歴史館を出て城跡へ向かう。初冬の丘には誰もいない。

四脚門や石積土塁はみな復元されたもので、城は無く、堀や

土塁が残されている丘です。

Cimg4612Cimg4614

Cimg4616Cimg4617

Cimg4620Cimg4619

時計を見たら13時を回っていた。東秩父村を回ってユネスコ

無形文化遺産に登録された細川紙の紙漉き技術を見学して

から帰るつもりだったけど来た道を戻る。梨木ノ子線の峠は

今回3回目で初めて登り切れた。少しは腕が、いや足が上達

したかな?鳩山で暖かい蕎麦とミニ天丼食べて自宅へ戻る。

Cimg4621 Cimg4585_3

ともかく寒かった。昨夜は町内で山車部の反省会と懇親会。

今日も寒いので自宅でおとなしくしています。寒いのは嫌いだ。

寒気は明日から北に退きますが来週末はまた強い寒気が南下

して寒くなる予想です。西高東低なら関東はからっ風、南岸低

気圧が来れば関東も雪になる。冬本番になってしまいましたね。

走行距離94.52km、走行時間4時間59分。

平均速度18.93km/h、最高速度44.48km/h。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »